就労移行支援

  • HOME »
  • 就労移行支援

事業の概要

事業の種類              :就労移行支援
定 員                      :10名(主たる対象者:18歳以上、65歳未満で知的障害、精神障害のある方)
開設年月日              :令和元年10月1日
*NPO法人「全国子育て福祉支援ふれあいネットワーク」の事業として平成15年に開所していた「はつらつ作業所」(デイケア)を当法人が多機能型事業の1つとして継続運営することで新規に開所した。
工 賃                      :概ね10,000円~15,000円(毎日出勤した場合の月平均)
営業日                     :月曜日から土曜日。但し、土曜日については希望者のみ
*国民の祝日、8月13日から15日まで及び12月29日から1月3日を除く。
営業時間                  :午前9時から午後4時まで
管理者                     :池田 博
サービス管理責任者  :佐々木 祐子

1日のスケジュール

9:10 朝礼・体操
9:20 作業・就労訓練・生活訓練
12:00 昼食
13:00 作業
14:30 休憩
14:40 作業
15:40 片付け・終礼
16:00 送迎出発

【支援の内容】
(1)生活支援
就労に必要とされるルール、一般常識、社会生活上のルール・マナーを習得させるための指導・助言を行う。また、在宅生活や職業生活において必要な訓練や指導、相談等の支援を行う。

(2)職業指導
一般就労への目標を目指し、働くために必要な知識及び作業能力の向上を図るために必要な訓練・指導等の支援を行う。また、施設外就労等を通し、就労の体験機会を提供する。

(3)就労支援
就労の可能性が見込まれる企業開拓を地域のハローワーク、埼玉県障害者雇用総合サポートセンターおよび就労支援センター等の支援機関と連携し、職場実習の斡旋、求職の支援および就職後の職場定着のための支援等を行う。

1年間の主な行事

・スタミナ会
・消防、避難訓練
・日高市福祉スポーツ大会
・日本標準ふれあいまつり
・忘年会
・養護者会
・作業所説明会
・ハローワーク合同説明会
・企業見学会
・お花見会(新入所者歓迎会)

作業風景

ワークトレーニング。作業の基本を磨きます。

作業習熟訓練 布製品類の検針機かけと箱詰め作業を行っています

作業習熟訓練。商品の汚損、荷崩れ防止のラッピングをする作業を行います。

作業習熟訓練。ハンドリフトを使って製品の移動作業を行います。

イベント風景

前期はスタミナ会、後期は納会と楽しい集いがあります。

納会はクリスマス会を兼ねて、1年を締めくくります。

一泊または日帰りの楽しい研修旅行を年1回行います

日高市スポーツ大会に参加します―綱引きで念願の優勝―

生活する力・働く力を磨く訓練風景

生活する力を付ける お金の管理や健康を保つ歯磨き習慣の訓練を行います。

会社とは?座学で見える化した講義を開催します。

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人栗の実福祉会 All Rights Reserved.